aokoのものおき

aokoの脳味噌から出てくるくだらない事などなど。 ブクログ、買ったもの、行ったところ等がメイン。 子育てブログもちょこちょこ。
日々のよしなしごとを綴るアメブロは以下。子育て記録になってるかも…。
http://ameblo.jp/aaaaaaaoko

2人目の横浜市認可保育園申し込み。
無事に内定通知が来ました。
万にひとつも可能性がもしや…と思ってたけどそんなこともなく。よかった。

晴れて4月から兄弟揃って入園です。
お兄ちゃんは幼児クラスに。感慨深い。

施設一覧を見たら私の区でも新設増えてるみたいだし、
一次希望でダメだったママさん達もうまくいいところが見つかって安心して働けると良いですね。
ほんと、不必要な労力だからなぁ…

ビジネス・経済本が多かったので、ちょっと息抜きに、
というか 理系の本が読みたくなって。

オーディオブックですが。



期待した通りの内容で、聴きながらワクワク、ハラハラして、
著者の方の思い入れに一緒になって、わかるわかるとニヤニヤしたり、
最後まで楽しんで聴くことができた。
読んでよかった。

報道でちょっとかじって知っている内容だけだったから、
こうやってドキュメンタリー形式で、時系列に起こった色々なこと、
知らないことだらけだったし、改めてすごいなということがたくさん。

思っている以上に技術ってすごいなという、こんなところも自動で 、
制御でできてしまうという部分と、
逆に幾つもの困難に対して人間の工夫の部分。
結構泥臭いというか、人間系だなというか。
そしてそれを支えてきた技術者の長年の熱意。 

著者の方の思い入れもかなりで、確かに、本で読むと一冊だけど、
取材をしている側は長年の間をインタビューしながら一緒に過ごしてきたわけで。
それだけの思いだったり重みが込められている作品なんだと。
端々にその愛情がはみ出て垣間見ることができて、クスッとしてしまうことも。

理系の人じゃなくても、読み物として興味を持って読める内容だと思うし、
読んだら更に知りたくなる、宇宙に興味が湧いてくる。
いい本です。おすすめ★★★★☆。

オーディオブック向きな作品だと思う。
Febeのリンクは以下。
 

このページのトップヘ