aokoのものおき

aokoの脳味噌から出てくるくだらない事などなど。 ブクログ、買ったもの、行ったところ等がメイン。 子育てブログもちょこちょこ。
日々のよしなしごとを綴るアメブロは以下。子育て記録になってるかも…。
http://ameblo.jp/aaaaaaaoko

なんかビジネスとかばっかりも飽きるなあと思って、たまには小説でも、と。

ただし社会問題とかを扱ってるのはストレスが溜まって仕事に引きずる。
ミステリーは一時期読み過ぎたのもあるし、人が死ぬのもあまり心情的に良くないし。
ライトノベルって感じでもないし、恋愛物も今更読むでもない。
エッセイはあまり好きではない。
歴史物は最近勉強し始めたところだから、かぶるから離れたくて。

となるといろいろ条件がついてなかなか選択肢がなく、
結局単純かつ感動系の作品に落ち着いた。

映画化されてたこともあるし、お笑い芸人が原作ということで、
まあそんなに変なこともしないかなと思って。

劇団ひとりは個人的にも結構好きだしね。


 

青天の霹靂/劇団ひとり。

オーディオブックだと、特別バージョンでドラマ仕立ての読み語りになってる。
劇団ひとりも声優として登場している。
(まあ、声がいいかどうか上手いかどうかはおいておいて)


感想としては、
ほぼ期待通り。

難解なこともなく、読後感も良く、それなりに感動するストーリーで、
それに関しては期待よりも良かったかも。

但し、序盤は結構読むのやめようかなぐらいこっぱずかしくてイマイチだったので、
諦めずに読んでよかった。
特に、オーディオブックで聴いていたので、余計に感情がこもっていて、
これは淡々と読んでくれた方が聴きやすかったかも。


おすすめ度は★★☆☆☆ぐらいかな。
映画も時間があったらちょっと見てみたい。


青天の霹靂

とにかく安心できる池上さんの著作が、またオーディオブックで登場したので早速購入して聴いた。

通勤途中にとてもよいサイズ。
1.5倍速で行きに歩きながら1章ずつ聴いていくのが良い感じ。



おとなの教養というタイトルも刺さる感じだった。

オーディオブックで聴くならこちら↓
ホントにオーディオブック快適だから、一度試しに聴いてみてほしい。
iPhoneアプリもどんどん改善されて、スイスイになってる気がする。



内容は期待通り、軽くて読みやすくて、一気に聴くことができた。
特に宗教の下りとか、歴史をなぜ学ばなくてはならないのか、というあたりは
すごく含みがあって、改めて背筋が伸びる感じ。

結局社会で生きていくために別に必須じゃないから、ってなりがちだけど、
人生を豊かにするために、教養を身に着けることは必要だなと思って。
最近特にそう思うのでしみじみ染みることが多かった。

やっぱり息子ができたのもあって、子供にも豊かな人生を生きて欲しいなと思う。


なんか自分の感想になっちゃった。

お勧め度★★★★★。
文庫もあるみたいなので、通勤・通学でさっぱり読めると思う。 

このページのトップヘ