aokoのものおき

aokoの脳味噌から出てくるくだらない事などなど。 ブクログ、買ったもの、行ったところ等がメイン。 子育てブログもちょこちょこ。
日々のよしなしごとを綴るアメブロは以下。子育て記録になってるかも…。
http://ameblo.jp/aaaaaaaoko

妊婦ブログはカテゴリ:妊婦生活。でどうぞ。
bookでは、主に読書録をつけてます。

アメブロはこちら

★その他アクセスの多いお勧め記事★
・狭い我が家のキッチンでも置けた!「 プチ食洗 」導入についてはこちらから。
・女性でもお勧め。直島ひとり旅についてはこちらから。
・「乳がんと牛乳」についてはこちら
・川崎市、主に中原区周辺の保育園について調べたこと。こちら。※個人的範囲内です。ご了承下さい。

都議会の野次でセクハラまがい、というかもはや最近は聞かないレベルのセクハラ発言があり、
それを書いたブログやFacebookを元にネットでちょっとした騒ぎになって、
ついにテレビが取り上げたりあちらこちらで祭りになった最近の話。

はじめに取り上げた都議会議員おときた駿さんのブログ

本日の一般質問で、塩村あやか議員が登壇しました。
彼女はその中で、東京都では晩婚化が進んでいる現状を説明し、
都の結婚・妊娠・出産に対する取り組みについて鋭く指摘していました。

その中でなんと、議場からとても大きな声で

「そんなことを言う前に、おまえが早く結婚しないのかっ!!」

という、信じられない野次が飛んだのです。


彼は同年代で色々と注目していたので、比較的初期からこの事態を知ることとなったのだけど。


事の顛末はたくさん記事があるし今更私が拙く説明してもしょうがないので割愛するとして、
これも私の稚拙な意見など述べてもしょうもないけど、それでも思うところあるので残しておく。


野次ったおっちゃんが誰かは知らないし、特定されるかどうかに興味はないけど、
あのおっちゃんのヤジは、結構な『一般的』な意見だと思う。

言いたいことは2つあって、
ひとつは自分が出来もしてないことを言うなよ、っていうことを政治家が、しかも日本の首都である都議会が言うということ、
もうひとつは子供を産んでない人は1人前ではないと言う考え方が多くのひとの考え方としてあることについて。


前者についてだけど、
少子化対策や不妊治療についての質問をしていた子供のいない塩村あやか議員に対し、まず自分がやれよと言うニュアンスの野次があったということ。

普通の人の考え方として、「あの人自分ができもしないのによく言うよね」って言う考えはあるし、理解もできる。
やってもないことを何で出来るんだと。
自分ですら出来ないのに何理想ばっかり言ってるんだと。


でもそれを政治家が言っちゃダメだと思う。
今できてないこと、できないことに対して、どうしたら解決できるのか、どういう状態が理想なのか。
それを掲げて目指して行くのが政治家と言う職業のメンタリティなんじゃないか。

もちろん、日々の業務ではくだらないお役所仕事だったり、つまらない手続きだったり、面白くもない議題に対してあれこれ議論したり根回ししたりに腐心しているかもしれないけど。

でも、理想に向けて解決して行くのが政治家なんじゃないのか。
それに期待して市民は投票したんじゃないかと。


というか、そこまで見極めて投票すべきたけど、
それは出来てないのが実態なんだと。
だから低俗な議会になってしまっても、市民のチェックが働いてないから自浄作用も働かない。
政治家の問題は、そのまま有権者の問題だ。


そして、そのような人達が、自民党だから、自分達と同じような意見を言ってるから、と投票した結果。
チェック機能が働かず、低俗な市民の代表も低俗になる。
口が悪いけど、世の中がバカばっかりなのは知ってる。
でも、バカがバカを選ぶんじゃなくて、バカがバカなりにいいなと思う人を選んだ結果、
世の中を良く出来る力を持った人が選ばれるというべきじゃないのかと。

何というか、政治に対してものすごく脱力してしまった事件だった。
(最近、脱力続き。)


そして後者の、世の中にはびこる「子供を産まないと一人前じゃない」という考え方。

私も最近出産して、身を持って母親ってすごい、と体験したし、
人の親になると言うことはこれまでの人生とくらべてどれだけの重圧があるだろうとか、
責任感が伴うと言うことを実感しているけど、
だからといってそれが子育てをしないと体験出来ないことだとは思わない。


子供を産み育てるということにはそれだけの、なんというか否応なしに人間をひとつ上の、というか後ろの、というかそのフェーズへ持っていく力があると思うけど、
そうじゃなくたって、色々な成長の力ってあるし、
それをしないから子供だからという考え方はものすごくエゴだ。
よく「意識高い系」の自己啓発書にありがちな、「オレが辿ってきたらこういうふうにスゲーことがあったから、このやり方マジ正しいから」理論。

確かに子供を産んだことで成長したと思うけど。
だから子供を産んでいない人が成長していないわけではない。
他人のことは他人だし、同じ様に成長するのか、成長していないかなんて、
簡単に決められることでも簡単じゃなくても決められることではないだろうと。


だいぶ長くなったけど。
結局、「自分がそうだったから子供を産んで一人前になるのが普通」という
考え方の人が多いということ。

そして、そのような人達がたくさんいて、選挙で選ばれる人もそういう考え方だということ。


若者が選挙に行かないから政治家も若者を見ない。
そういう問題も多分に現れたなと。
そんな感想を持った今回の事態でした。


まだもうちょっと見届けてから、もう少し言いたいことがあると思います。
乱文すみません。

育メンという言葉が認知され、働く女性を後押しする制度がこれだけ認知されるようになってきても、まだまだ男性が家事育児に協力することへのハードルは高いな、と感じた話。

image



我が家の夫は週に一度自宅勤務を行って、その日は保育園の送りもお迎えも行ってくれる。
それ以外の日も送りは基本的に行ってくれて、お迎えも事前に連絡して調整した上でだけど協力してくれる。

その上私の母が週に一度お迎えを買って出てくれているので、
多分、保育園に行く回数は夫の方が多い。


その上で家事も結構分業化が進んでいて、
食材だったりいろいろな家のものの買い物と、料理は基本的に私。

洗い物(と言っても食洗機に入れたり、食洗機から片付けたりがメイン)、洗濯(乾燥機付きのドラム式なので、下洗いをして入れて、洗濯機のゴミを取る、あとは畳む程度)については夫がやることが多い。

生ゴミの処理だったりゴミ捨ても基本夫。
と言ってもディスポーザーがあるので生ゴミは流すだけ、ゴミ捨てもマンションの同じフロアにゴミ置き場があるので持って行くだけ。


目に見えて、必要性に気が付くことができるタスクは夫でもできるので夫が行い、
食材のストックが切れてるとかそろそろ換気扇の拭き掃除しないととかシーツ替えないととか、今の状況を頭に入れた上で定期的に気付いて動かないといけないことは私。

(掃除とかシーツ替えとか、ほんとは定期的にやるべきだけどなかなか回らないので割愛。最低限健康に行きていければ良いのです。)


ここまで分担が形になるまでにはいろいろと紆余曲折があったけど、
それはまた別のタイミングで書くとして。


日常的に行う必要があるのは、洗濯だったり息子周りの保育園準備だったり、
最低限やらないと回らないことのみ。
それでもちょこちょこと手はかかるので、夫には定期的にあれやって、これやってと言うことになる。


で、最近は夫も自分の分担タスクを認識して動いてくれるようになって、
夜のうちに食器を洗わないと朝ごはんの準備が滞ることや、
洗濯機を回しておかないと保育園のお着替えが足りなくなることをわかって自発的に動くようになっている。

本人に言うと甘えてしまうので言わないけど、正直、よくぞここまで、と感謝してる。
時間は掛かるけど現状を咀嚼して自分の行動を変えていく能力が高く、変なプライドや偏見もないのでかなり柔軟な部類だと思う。



で、本題に戻って。
その夫が会社で、家事がいろいろあって結構大変なんですよと愚痴ってたところ。
こんな愚痴が夫から出てくること自体、
ちょっと上から目線に偉い偉い、と思ってしまう。


結婚しているが奥さんは多分専業主婦のおじさん上司のコメント。

「忙しいって言うけど、家事って何があるの?」

これに対して、洗濯とか子供にご飯あげたりとか食器洗いとか、って答えたけど、
何か実感のこもっていない反応が帰ってきたらしい。


その話を聞いてずどーんと脱力してしまった。

あぁ、そんな初歩の初歩的なところからギャップなんだなと。


わからない、というのはとても難しい。
言葉で説明してもわからない。
やったことがないからわからない。
結局、経験に基づいた以外のものを真に理解するのはとても難しい。

ちょっとそれるけど、いくら恋愛マニュアルを読んでも恋愛が上手くはならなかったり、
ハウツー本を読んでもコミュニケーション上手にはなれないのと同じ話で。

腹落ちしていないものを理解するのはとても難しい話なのだ。
結局、奥さんが専業主婦で、ご飯を作ってくれて、帰ったらお風呂が沸いていて家中ピカピカで、
子供は既に宿題も済ませてぐーぐー寝ている、翌朝はトーストの匂いとともに起床して朝ごはんとコーヒーで送り出されてアイロンをかけてパリッとしたシャツを着てピカピカに磨かれた靴を履いて出かける人にはわからない。

朝出かけたままの朝ごはんの食器は流しに、息子が散らかしたおもちゃは床に、の家に帰宅して夕食の準備をしてお風呂を沸かして、
自分の分の服は自分で準備して靴は自分で磨かない限り前日脱いだ場所にそのままあって、
形状記憶のワイシャツを乾燥機付き洗濯機から取り出しそのまま着る生活はわからない。


映像を見ても地球の裏側の紛争地域のことは所詮他人なのと同じで、
専業主婦の夫であるおじさん上司には育メンの若手社員の生活は理解できないし、理解する必要性も今のところ感じていない。


偉い人にはそれがわからんのですよ。



女性は具体的に同じ温度で理解されているとは言い難いとはいえ、
まあ子供が1人増えたらよくわからんけどいろいろ忙しそうなのは理解できる。
だからまあ忙しいよね、という前提でその上で仕事とどうやって折り合いをつけて行こうか、という話になってくるけど、
育メンは子供が生まれたからといってまぁ男性は変わらんよね。
むしろ守るべきものが増えてより一層仕事に身が入っちゃうなぁ、くらいの認識しかされない。


ひいて言えば 、その育メンを夫にもつワーキングマザーとしては、
どうにかこうにか夫の理解と協力をとりつけ、女は家庭に入るもの、と言う旧世代の考え方を持つ親世代に理解を得たり闘ったりしたとしても、
更にその先に自分とは直接接点のない夫の上司まで立ちふさがる。

壁は、いくつ取り払っても、やっぱりある。

きっと本当にシステムとしてまわるのは今の奮闘している育メン世代が管理職になって、経験を元に部下の家庭に対する理解ができるようになってからなのかもなぁ。


でもそんなこと待ってられないこちらの身としては、どうしたもんかなぁと思う。
管理職の研修として、1日育メン体験とか、家事タスクを知ろうとかできないかしらね。


そういえばつとめて聞こえないようにしていたけど、うちの上司も、うちの奥さんは専業主婦で暇だからね、って言ってたなぁ。
きっと本当に1日遊んでると思ってるんだろうなぁ。





このページのトップヘ