aokoのものおき

aokoの脳味噌から出てくるくだらない事などなど。 ブクログ、買ったもの、行ったところ等がメイン。 子育てブログもちょこちょこ。
日々のよしなしごとを綴るアメブロは以下。子育て記録になってるかも…。
http://ameblo.jp/aaaaaaaoko

大好き池上さんの本。再び。
見通す力/池上彰

一般的な「洞察力」のような内容かと思いきや、
かなり池上さんのジャーナリストとしてのお仕事に特化しており、
ニュースなどから世の中を見通す、という内容。


見通す力
内容がためになるか云々よりも、ジャーナリストとして更に池上さんが好きになるし、
信用できると改めて思わせてくれる内容。
池上ファンの私としては読んでよかった。


内容も良くて、なかなかここまで実践するのは難しいけど、
エッセンスを取り入れてニュースを見たり、新聞を読んだりを継続してやっていこう、と
改めて思えたので良かった。

なかなか本を読むと背筋が伸びるんだけど、長続きしないのよね…。
もうそういうものと割り切って、モチベーション維持のために読書を続けるという考え方、
なのかもしれない。

池上さんならではの読書術だったり、さすがの豊富な知識に裏付けられた事例だったりを取り混ぜながら進んでいくので、読んでいて(聴いていて)飽きない。
と言うか、ジャーナリストすごい。
これだけインプットし続けないと全方面にあれだけ造詣の深いコメントは出来ないのだなぁと思う。

おすすめ度★★★☆☆
ちょっと星が少ないのは、これ実践できる人はなかなか職業ジャーナリストぐらいかもしれない。



最近オーディオブック以外の読書が進んでいません…。
実はKindleで何ヶ月も前に着読しているのですが、なかなか進まなくて。



 

隙間時間でオーディオブックで勉強術の読書とか、どれだけ意識が高い(苦笑)
と思ったけど、期待していたほどぶっ飛んだ内容はなかった。



「要領がいい」と言われる人の、仕事と勉強を両立させる時間術/佐藤孝幸

結局、当たり前と言われることをどれだけ愚直にできるかどうか。
それを改めて再認識した内容だった。

ちなみに筆者自身は結構ぶっ飛んでると思うので、
話半分ぐらいにエッセンスを取り入れるのが良いかも。

特に開眼と言うか改めてなるほどな、と思ったポイントがひとつ。
勉強をすると言うことは暗記ではない、と言うこと。
どのように考えるかどうかを理解すること。

だから、用語だけ機械的に覚えても無駄だし、線を引いたりすることは全くない、
という結論なんだけど。
その結論にはあまり同意できないけど、それまでの話は納得できる。

結局、「腹落ちしているかどうか」と言うこと。
腹落ちすることが学習の目的だから、表面的に覚えても役に立つ知識にはならない。
表層的に「頑張った感」だけで勉強した「つもり」にならないように。
改めて自分を戒めたし、すっと納得感があった。

おすすめ度は★★★☆☆
ダメな人は受け付けないかもしれない。。


このページのトップヘ